こんな条件はあまりに過酷!機械式腕時計の使用に向かない環境とは

頻繁に水を被るフィールドや作業環境

水辺で活発に行動するアウトドア活動、あるいは水を頻繁に使う台所作業や清掃作業等、真水や海水を頻繁に被る様なフィールドや作業環境下での着用は機械式腕時計にとってかなり過酷。確かに一部クロノグラフの中には防水性に優れたモデルもあるものの、それらが利便利を発揮するのは入念かつデリケートなメンテナンスがあってこそ。腕時計のメンテ自体あまり詳しく無く、それでも高級な機械式腕時計を長く愛用していきたいと考えるなら、これら過酷な条件に晒す前に外してゆくか、より適応性の高い時計に着け替えるかすべきですよね。

異物に表面をぶつけ易いハードな活動環境

こちらも基本的にはアウトドアや屋外スポーツがメインとなるのですが、活発に活動する環境が周囲に岩が多かったり樹木が生い茂ったりしていると、必然的に意図せずこれらの物体に手首をぶつけてしまうケースが出てくるもの。その様な活動に高級な機械式腕時計を着用していけばどうなってしまうかは誰にでも分かりますよね。時計の外装が頻繁に岩や樹木とぶつかったり擦れたりして、間違い無く傷だらけになってしまうでしょう。確かにその様なハードな環境に一見マッチしそうなモデルはあるのですが、余程ぶつけない様慎重に扱わない限り、積極的にそれらの時計を持ち出すのは危険と言えるでしょう。

トラブルに巻き込まれる可能性もある日用の場面

少々気合の入ったカジュアルやビジネスならその存在感が効果を持ってくる高級機械式腕時計ですが、それらをちょっとした日常目的で利用しようとなると、さすがにちょっと気が引けるものですよね。近隣への買い物や用事程度の目的であれば、より安価で日用使いへの躊躇いも無いグレードの低い腕時計で十分でしょう。また日常生活の中では気の緩みから思わぬ場所で転んだり身体をぶつけたりといったトラブルが起きないとも限りません。それらのリスクから守る為にも、場面を意識せずに高級機械式腕時計を着用するのは抑えるべきなのです。

ウブロはスイスの一流時計メーカーです。歴史が深く、技術、品質に優れており世界中の人を魅了しています。